FC2ブログ
お気に入り商品の紹介、ホームページ制作に関する徒然
TK-ウェブログ
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
センスの良い色の組み合わせ方-その6
2008-05-13-Tue  CATEGORY: ホームページ製作

色の強弱でコントラストを

リズム感のある配色

色に強弱をつけると、配色にメリハリが出てリズム感が良くなります。配色が単調になるのを避けるために有効な方法です。重要なところへ重点的に配置するのがセオリーではありますが、重要な部分だからといって強い色ばかり使っていると、メリハリがなくなって疲れます。

そこで、閲覧を続けるためには適度なコントラストをつけることで有効であることを覚えておきましょう。

コントラストのつけ方にもいろいろありますが、テキストと写真またはテキスト同士であれば見出しと本文のようにメリハリをつけてみましょう!3つ以上のパーツでコントラストをつけるなら、「強中弱」や「強強弱」というふうに使う色を分けるのも良いでしょう。注意したいのは、「強」にあたる色の決め方であるが、これはあくまでも相対的なものでしょう。モノクロの本や新聞などでは、見出し文字の大きさや書体などでメリハリをつけており、情報を読み取るにはこれで十分なのです。

webデザインでは、全体のデザインの中で、調整する必要がありますが、必ずしも高彩度の派手な色を使わなければならないということはありません。

色以外でも「まず見出しなどの注目させたい部分を見せ、その上で本文を読ませる」、「最初にインパクトのある画像を見せ、それからキャッチコピーに注目してもらう」などの方法で、サイトの閲覧にアクセントをつけ、より読ませることができるようになります。コンテンツそのものの内容はもちろん重要であるが、スムーズに閲覧させるということも重要なのであります!

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント小さな巨人 | URL | 2008-05-15-Thu 02:09 [EDIT]
初めまして、20代後半ながらもwebデザイナー目指してる者です。
他のwebデザ系のブログは小難しい文章やPC用語の羅列で
分かりにくかったのですが、こちらのブログは
非常に分かりやすく読みやすいです。
現場の方の文章も知れて、勉強になります。
更新楽しみにしております。では、またお邪魔させていただきます。
トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 TK-ウェブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。